高校生の星飛雄馬が、チームにとけ込めなかったわけ

誰でも知っているスポコン漫画、巨人の星[E:baseball]。主人公は、誰でもご存じ星飛雄馬(どうでもいいけど、変換させにくい名前です…)。

子供の頃から、父、星一徹の英才教育を受け、見事巨人に入団して、大リーグボール○号をあやつって活躍します。

その飛雄馬が高校生の頃。

たしか、青雲高校といったと思いますが、お坊ちゃん学校で、あまり野球のレベルは高くない高校という設定でした。そこに英才教育を受けた飛雄馬が入部すれば、一躍注目の的。しかも、いろいろあって、監督には父親の星一徹が就任します。

チームの先輩たちは、まあ、普通の高校球児です。お坊ちゃん学校で、野球についてはそれほどレベルが高いわけでもなく、絶対に甲子園に行こうという気合いもありません。

かたや飛雄馬は、甲子園どころか、巨人の星を目指している男です。

意識の違い、実力の違いは、目に見えて明らか。

でも、最初は、様々な理由から、飛雄馬はチームにとけ込めません。

チームメイトから浮いた存在になります。

なぜか。

自分はそれなりの実力もあり、意識も高いのに、周りは未熟で、意識が低い。
俺がやらなきゃ、このメンバーではダメだ。
こういうメンバーを引っ張っていくのも修行のうちで、とにかく我慢だ。
とにかく、俺ががんばらなければ。

飛雄馬が、そんな思いを抱いていたからです。

まあ、一見すると、自分ががんばって何とかしようとしているという意味で、素晴らしい心がけだともいえます。

でも、見方を変えると、完全に上から目線なんです。

自分はできるけど、メンバーにはできない
メンバーに任せておいたら大変なことになる
メンバーは、分かってないから教えてやらなきゃいけない

要は、メンバーを信じていないんです。

そういう場合、いくら謙虚な姿勢をとっても、我慢をしてうまくやろうとしても、相手にはその「信じていない」心が伝わっていきます。

必ず、行動面に表れますから。

たとえば、メンバーを信用できないから、打たせて取るのではなく、全部三振にしてやろうとムキになったり、自分の手の届く範囲は、人に任せず自分で捕球しようとしたり、きっと分かっていないだろうと、いちいち細かいことまで指示したり。。。

そういうことをされると、たとえ、現実的に自分の方が実力が下であっても、素直にいうことを聞けなくなるし、

「じゃあ、お前が勝手にやればいいだろ」

そんな気持ちにもなっていきます。

だから、チームワークがガタガタになり、飛雄馬はチームにとけ込めなかったのです。

そうはいっても、ある面では、飛雄馬は間違ってはいません。

でも、心技体でいえば、技、体は立派だと思いますが、心の面がまだ未熟ですね、きっと。だから、一段上からメンバーに接してしまうのです。

もし、これが上司と部下だったら、「お前が勝手にやればいいだろ」ということにもなりませんし、「上司のいうことはもっともです」と、部下は認めざるを得ないことになります。従って、表面的には何も問題は生じません。

でも、実際には、上司と部下の間に溝ができ始めています。ひょっとしたら、もう深い溝になっているかもしれません。

なぜなら、そういう関係は、いくら上司が正しくても、感情的にいえば、あまり気持ちのいいものではないからです。

恐らく、心からその上司についていこうとは思わないだろうし、悩んだり、困ったりしたことを相談するかどうかも疑問です。

要は、心を開いて接してくれるようにはならないということです。

さて、飛雄馬の場合、最後は、めでたくチームにとけ込み、エースナンバーをゲットします。

監督であり父でもある、星一徹から、一発説教を食らって、反省したからです。

その内容は、うろ覚えですが、

独りよがりになっているから、チームワークが乱れる
お前はメンバーを信用していないから、ワンマンプレイが多くなる
でも、ピンチを脱したのは、バックを守るメンバーのおかげ
チームワークは、お前が反省すれば、自然によくなる

そんなことをいわれて、飛雄馬は、

「父ちゃん~じゃなくて、監督~」

と、大粒の涙[E:weep]を流して反省するのです。

これは、実力のあるリーダーが陥りやすい落とし穴を描いたものでもあると思います。

もし、今、チームワークが乱れているとしたら。

それは、意識も高く、実力も高いリーダーに原因があるのかもしれません。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)