昨今の流行? ~ 投げだし、逃げだし?

3年前の首相は、誰だっけ?

ええと、今が鳩山さんで、その前が麻生さん、さらにその前が福田さんだから福田さん?それとも、その前の安部さん?

冗談ではなく、調べてみないと分からないというか、よく考えてみないと分からないぐらい、次々に首相が替わりました。それも、まっとうな理由があるようなないような、投げ出しじゃないの?と思わせるようなものもありました。

昨日は、サッカー日本代表の岡田監督が、会見でポロッと進退伺いをしたというコメントをしていたらしいですね。

結果がでないからとか、失敗したからとか、何かの責任を取って辞めるということは、場面によっては大切です。それが、潔いと思われることもあります。

でも、今回の例は、かっこよくいえば「責任を取って辞める」で、その実体は「辞めたい」とか「逃げ出したい」「ほっぽり出したい」みたいな感じに見えてしまうんですよね。

そういう位置にいる方の重圧はすごいものだと思いますし、大変なんだろうということは推察します。

私はサッカーは詳しくありませんが、熱心なサッカーファンからは、いろいろと批判もされるでしょうし、メディアからもいろいろいわれるでしょうし、大変なことは間違いないと思います。

でも、会見の場で、進退伺いをしたというニュアンスをだすのは、リーダーとしてはあるまじき行為です。

これからまさに戦おうというこの時期に。

トップに立つ人は、いろいろ大変です。でも、トップが常に戦う姿勢を見せていなかったら、誰もついて行かなくなります。少なくとも、士気は下がります。

トップだって、人間ですから、落ち込むこともあれば、元気になることもあると思います。でも、落ち込んでいる姿は、見せちゃいけないんだと思います。場合によっては、ごく一部の、右腕、左腕には、見せてもいいのかもしれません。その方が、結束力が高くなるかもしれません。でも、基本的には、やってはいけないことです。

もっとも、それは分かってると思うんですが、それでもいっちゃったみたいな感じなんでしょうかね。

そうだとしても、みんなの前にでるときは、やっぱりつくって行かなきゃいけないと思うんですよ。

リーダーとしての戦う姿勢、みんなを引っ張っていく姿勢。

辛くても、みんなの前にでるときは、つくって行かなきゃいけないと思うんです。

役者さんが、ステージに立つときと同じです。

そういう気持ちは、別のところではき出してくるといいんです。

悩み事も、人に話したらすっきりしたということがあります。別に解決もしていないのに。

どうしてすっきりするのかといえば、自分の感情をはき出したからだと思うんです。

私も、人にはいいませんが、何かむしゃくしゃしたり、落ち込んだりしたら、ひたすらノートに書き出します。乱暴な日記というか、いい加減な日記、めちゃくちゃな日記です。人には聞かせられないような言葉、リーダーがいってはいけないような無責任な言葉、人の悪口、コンサルタントとしてあるまじき言葉、、、どんな言葉もありです。

それを書くと、不思議とすっきりします。人に悩みをうち明けたときと同じようなすっきり感があります。

で、人前にでるときは、できるだけ何事もないような顔をして出かけるようにしています。

もっとも、まだまだ、でてしまっているとは思いますが。。。

とにかく、辛いことがあっても、簡単に投げ出さず、土俵際で踏ん張って、うっちゃってやりましょう!

やればできる!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)