「正しいことをやりたければ偉くなれ」って難しい

最近、毎週土曜日の昼に、「踊る大捜査線」が再放送されています。今年、映画が公開されるようなので、そのための宣伝でしょうか。。。

それはそれとして、この番組を見ていると、サラリーマン社会で生きる人の悩み、葛藤、もどかしさ、、、などなどを、うまく表現しているなと思います。全体的には、コミカルにつくられているので、ただ単に楽しく見ることもできますが、組織論的な観点で見ても考えさせられるドラマです。

私は読んでいませんが、『踊る大捜査線に学ぶ組織論入門』という本もあるぐらいですからね。

さて、今日のタイトルは、そのドラマでいかりや長介さん演じる和久刑事が、主人公の青島刑事にいったセリフです。ひょっとすると、ちょっと違うかもしれませんが、こんなニュアンスのことをいっていたことは間違いありません。

このドラマは、表の主役が青島刑事であるならば、裏の主役は室井管理官だと思います。かたや現場の代表、かたやスタッフあるいは管理者、権力者の代表。

室井管理官は、青島刑事に感化されたのか、それとも元々そういう気質があったのか、どういう訳かは分かりませんが、現場に理解を示すキャリア組です。でも、それを押し通していくとキャリアの世界では、出世できません。

でも、キャリアの世界で出世していかないと、室井さんが思うところの正しいことはできません。今のキャリア組の悪い面も変えることができません。

ところが、今のキャリア組の中で偉くなるためには、自分が正しいと信じることをやっていたのでは無理。正しいことをしようとすると、出世できないのです。

さあ、どうするか。。。

「正しいことをやりたければ偉くなれ」

確かにそうなのですが、偉くなるまでの間はどうするか。。。

これが大きな問題です。

私は、このドラマを見ると、室井さんに同情してしまいます。青島君は、結局、彼の論理で好きに行動していますので、なんだかんだいいながら幸せ者だと思います。でも、室井さんは、組織の中間管理職の悲哀が漂っているので、どうしても同情してしまうのです。

たぶん、その姿に同情し、自分の姿を照らし合わせ、思わず感情移入しながら見てしまう人も少なくないでしょう。

このドラマは、世の中の姿をうまく表現していると思います。

でも、私は、現実はもっと厳しいところがある反面、もっとうまくいきやすいとも思っています。

ドラマでは、キャリア組の中に、室井さんの味方は皆無のように描かれています。ましてや、青島君の味方も存在しません。でも、現実の世界は、そうでもありません。

一見するといなさそうに見える室井さんの味方、青島くんの味方が、実は存在しているのです。

ただ、それを表明はしません。なぜなら、それを表明してしまえば、主流から外れるからです。それが自分の評価に影響して、出世できなくなったり、給料が上がらなかったり、そういうデメリットを恐れて心の中にしまっているのです。

でも、この世の中、実はそれほど捨てたもんじゃありません。

大きな声で誰かが表明したら、それに共鳴してくれる人も、想像以上にいるものです。

というか、誰かがそんな声を発してくれることを待っている人もいます。

従って、正しいと思うことを本気で突き詰めていけば、最初は風当たりが強かったとしても、次第にその風は、追い風になるのです。

そのためには、初めの一歩を踏み出す勇気が必要です。

もしそんな人がいたら、私は、全力を挙げて応援します!

もっとも、そういう人がこの世の中のどこにいるかも分からないし、どうやって応援するのかも分かりませんが。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)