相手のためにいうのではなく、相手の立場になって話す

ある会社で、上司が部下に指導している姿を、たまたま目にしました。

「ああ、これじゃあダメだろうな」

そう思いました。

何がダメかといえば、その上司は、自分が正しいと考えていることを、部下に押しつけていたからです。

私が聞いていた範囲では、上司のいっていることは間違っていません。正しいことをいっています。でも、残念ながら、その効果はあまりないと思います。

悪循環ですね。

上司は、いくらいっても全然直らないので、どんどん強くいうようになる。
いわれている部下の方は、恐らく内心では「またか」と嫌気がさす。
自然に、いわれたことは右から左へ受け流すようになる。
ちゃんと聞いていないと思う上司は、ますますヒートアップする。。。

上司の気持ちは分かります。部下を何とか育てようと思って、一生懸命説明しているのです。

「こうした方があなたのためになる」
「これから、一人前の社会人としてやっていくためには、これぐらいのことができなきゃダメだ」

口うるさいことをいうのが好きな人はいないでしょうから、部下のために一生懸命いっているのでしょうね。でも、空回りしているだけで、効果はあまりないでしょう。

なぜなら、部下の方に、上司の話を聞こうという状態ができていないからです。上司は、部下が自分の話に耳を傾けるような状態をつくってから、自分のいいたいことを伝えるべきなのです。

こんなことを書くと、部下が上司の話を聞くのは当たり前で、つべこべいわずに従えばいいんだという意見が出てくるかもしれません。そこまで上司が気を遣う必要はない。そんな声もあるかもしれません。

確かに、組織である以上、それは正論でしょう。でも、だからといって、その正論に部下が従う訳じゃありません。残念ながら、それが現実です。

上司が正しくて、部下が間違っているんだから、部下が正せばいい。

理屈ではそうなりますが、それがその通りになるんだったら、世の中の上司は、誰も苦労はしないんです。

でもたいていは、部下が謙虚になって上司の話を聞くべきだ。それを押し通そうとしてしまいます。

それがうまくいけばいいんですが、しつこいようですが、それがうまくいくのなら苦労しないんです。

じゃあ、どうしたらいいか。

先ほども書きましたが、部下が上司の意見を素直に聞くような状態をつくるということです。

そのためには、昨日も書きましたが、むやみに上から目線で話すことは慎むべきです。

「お前のためだ」という言い方も、恩着せがましく聞こえるだけですから、これもやめるべきです。

結局、最初にやるべきことは、その部下をきちんと理解してやること、味方になることです。

そのためにやるべきことは、相手の話を「評価せず」に聞くこと。

いくら話を聞いたとしても、「そこが甘い」「それは間違っている」「まだまだ未熟だな」などといってしまったのでは、聞いたことになりません。

もちろん、ちょっと話を聞いて、「だから、お前は~」などと説教するのはもってのほか。

とにかく、相手の話を聞いて、認めてやることです。

たとえ今は未熟であっても、絶対にできるようになると信じることです。

否定的な味方をするのではなく、全面的に信頼して、応援することです。

そういうスタンスになれば、相手はこちらのいうことを聞いてくれます。

きれい事をいっているように聞こえるかもしれません。

間違ったことをいっていると思われるかもしれません。

しかしながら、これは絶対に間違ってもいないし、ただのきれい事じゃないと断言できます。

なぜかといえば、私は、経験してきたことだからです。

私は、いつも権力のないところで、相手を納得させる仕事をしています。

企業内には、社長、取締役、部長・・・と、それぞれ役職に応じたパワーがあります。ですから、そのパワーを使って、指示・命令をし、従わせることができます。

でも、私にはそういうパワーはありません。

ただのよそ者です。少なくとも最初の段階では。

そんな状態で、私のいうことをきちんと聞き入れてもらうためにはどうしたらいいか。

偉そうに説教してみても、誰も聞き入れてはくれません。

「会社のことも分からないのに、何をいってるんだ」

そう思われるのが落ちです。

でも、そんなことにはなりません。そうならないようにしているからです。

ちなみに、それは権力のようなパワーを使うわけではありません。もともと、そんなパワーはないので、使いたくても使えませんが。。。

じゃあ、何をやっているのか。

それは、仲間になることです。

私は、どこの会社に行くときも、そこの社員はみんな素晴らしい社員だと思って出かけます。

みんな意欲があって、可能性があって、いい社員ばかり。
確かに、今は未熟かもしれないが、絶対に立派に成長する。
今は、問題があるかもしれないが、絶対に解決する。

そう信じて、その会社に行きます。

で、「応援するから、がんばろうぜ!」と思って、みんなと接します。

以前は、仲間になるまでに時間がかかりましたが、最近は、すぐに仲間になれます。仲間になるコツがつかめてきたようです。

そして、一度仲間になれば、多少偉そうに説教しても、相手は聞いてくれます。

しつこいようですが、大事なのは、

「信じること」「味方になること」「目線をあわせること」です。

ちなみに、以前は私も、前述の上司のような失敗もしました。今のスタイルが、すぐに身についた訳じゃありません。今のスタイルを確立するまでには、相当時間もかかりましたし、努力もしました。

何がいいたいのかといえば、私のいっていることに疑問があるかもしれないし、自分にはできないと思われるかもしれませんが、間違いないので信じて欲しいということです。

これで本当にうまくいくということを、信じて欲しいということです。

これができれば、みんなが協力して、全社一丸となって目標を目指すような組織ができるようになります。

本当です!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)