自ら動く人になる

社会人になったばかりの頃、自分から積極的に行動しなさいといわれました。
でも、気が進まないことも多く、そういうことはすべて後回し。
結果的に、何でもっと早くやらないんだと怒られたりもしました。

そんな私も今では、若い人、若くもない人に対して、自分から積極的に行動しようと呼びかけています。

自分がやっていなかったのに、なんということでしょう…

もっとも、私の場合、常に何でも後回しだったわけでもありません。
これはやりたいなと思った仕事については、積極的にやらせて欲しいとアピールしていました。

それが叶うときもあれば、叶わないときもありました。

やりたいことがやれなくて、やりたくないことをやるようにいわれたりもしました。

今になって思うと、やっぱり、どんなことであっても、自分から積極的に行動していくことが重要だなと思います。

どうしてかというと、一つは、そういう人に仕事は回ってくるからです。

常に、自分から積極的に動いている人は、周りから見ていても分かります。
ポジティブで、活力があって、確実に仕事をやってくれそうに見えます。

だから、何かあったらそういう人に仕事を頼もうとします。

もちろん、やりたくない仕事が回ってくることもあります。

でも、どちらかといえば、やりたい仕事が回ってくることが多いように思います。

どうしてそうなるのかというと、普段の行いを見て、本人の希望を叶えてあげようと周りの人が思うというのが一つ。

もう一つは、そういう人に重要な仕事を任せようとするので、自然にやりたい仕事が回ってきやすくなるということです。

さらにいえば、そういう重要な仕事を担っていれば、それ以外に変な仕事を回そうとしなくなるということです。周りの人は、いろいろと見ているので、誰かに集中しないように調整したりするからです。特に上司は。

それでも頼もうという仕事は、大抵は重要度の高い仕事で、他の人には任せられない仕事です。当然、やりがいもあるし、是非ともやらせて欲しいと思える仕事なわけです。

もっとも、短期的なスパンでものを捉えると、損な役回りになる可能性もあります。

みんながやりたくないことをやる係みたいになってしまうこともあるからです。

でも、それも誰かが見ています。

「あいつは、誰もやりたくない仕事を率先してやっているな」と。

それをきちんとやり遂げれば、責任感があることも分かりますし、業務をきちんと完遂できる人間だという証明にもなります。

すると、いつの日か、「この重要案件はあいつに頼もう」ということになるわけです。

だから、自分がやりたいことをやれるように、チャンスが回ってくるようにするためにも、自分から率先して行動することが大事なわけです。

そして、それ以外に重要な理由がもう一つあります。

それは、自分から率先して動く方が、気持ちがいいということです。

誰かにいわれて動くのは受動的で、自ら動くのは能動的。

人に動かされているより、自分から動く方が気持ちがいいし、スッキリします。

ですから、

どんなことでも、自ら進んで行動するようにしよう!

と、思っています!

Follow me!