今すぐ、業績を向上させたいなら、楽しい会社をつくれ!

楽しむことで、最高のパフォーマンスを発揮できる

トップアスリートの方が、よくインタビューで

「まずは、自分が楽しみたいと思います」

とか、

「楽しんでプレーしたいと思います」

というようなことを、いっていますよね。

それは、「楽しむ」という状態が、一番いいパフォーマンスを発揮できるからです。

それをアスリートの皆さんは知っているので、メダルがかかった重要な試合、優勝がかかった重要な試合、絶対に負けられない試合に向けて、「楽しみたい」というのです。

それならば、ビジネスだって同じではないでしょうか?

今すぐ、業績を向上させるためにやるべきことは?

今いる社員、現在ある資産は、急には変わりません。

社員たちは成長していきますが、それには時間がかかります。

もちろん、将来に向けた投資は重要です。社員たちの成長のために投資することも重要です。

でも、今すぐ、業績を向上させたいのなら、将来への投資の前にやることがありますよね。

それは、どうしたら、今の戦力で一番いい成果が出せるかを考えることです。

その一つが、社員の力をどう引き出すか?

新戦力に期待するのではなく、現有戦力でどのように戦えばいいのかを考えることです。

最高の力を発揮するために重要なことは何か?

考え方の一つは、戦い方を変えること。

戦略の見直しですね。

現在の戦力に合わせて、また、今置かれている経営環境に合わせて、適切な戦略を選択する。

それももちろん大事です。

それ以外にも大事なことがあります。

それは、戦うチームのムードづくりです。

士気を高めるといった方が適切かもしれません。

同じチームでも、一人ひとりがどのような意識を持つか、どのような姿勢で仕事に臨むかで、生み出される成果はまったく違ってきます。

そこで大事なのが、楽しむこと!

なぜなら、楽しむことで、最高のパフォーマンスを発揮できるからです。

トップアスリートも一般人も基本は同じ

信じてもらえないかもしれませんが、これは、トップアスリートの皆さんが証明してくれていることです。

もちろん、我々一般人は、トップアスリートのように、何か素晴らしい能力があるわけではありません。

野球がうまいわけでも、ゴルフがうまいわけでも、テニスが、卓球が、柔道が、レスリングが、水泳が・・・とにかく、何らかの特別な能力があるわけではありません。

でも、トップアスリートも我々一般人も、人間は人間。

楽しんでいるときに、最高のパフォーマンスを発揮するというのは、同じはずです。

ただ、発揮される成果のレベルが違うだけ。

ですから、我々も、楽しむことで最高の成果を発揮できるようになるのです。

楽しければ何でもいいわけではありません

でも、ただ楽しくやれば業績が向上するというわけじゃありません。

楽しいといってもいろいろありますからね。

コロナ禍でできなくなりましたが、仲間と飲みに行って大騒ぎするとか、カラオケに行って歌いまくるとか、そういうことも楽しいことの一つです。

ソファに座りっぱなしで、連続ドラマの第1話から最終話までを見続けることも楽しみの一つです。

お友達とカフェでおしゃべりするのも楽しみの一つです。

楽しさにはいろいろあります。

それはどれも大切です。

気分転換でスッキリして、そのことで仕事がはかどるという意味では、とても重要です。

でも、会社の業績に直結するかというと、それはちょっと違いますよね。

では、会社の業績に直結する楽しさって何なのか?

明確な目標とやり遂げるという決意が必要

それは、

「できた~!」とか、

「終わった~!」というような、達成感。

やりきったという充実感。

力を発揮できたという満足感。

そのような感情が、仕事で満たされるようにすることです。

そのために必要なのは、明確な目標と、それを必ず達成しようという覚悟。

基本的なことですが、何を目指しているのかを明確にして、なんとしてもやり遂げようというリーダーの意思、強いリーダーシップが重要なのです。

ただ、注意すべきなのは、無理矢理やらせる、強引にやらせるのではないってこと。

やるなら、楽しくやる。

社員一人ひとりが、自分の意思でやる。

そのような「楽しい会社」をつくるってことが大事なわけです。

チームが目標に向かって一つにまとまっていれば、メンバーたちが楽しんで仕事をすれば、それは必ずいい成果になります。

楽しむだけじゃダメですが、楽しむことはとても大切なことなのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)