営業力・販売力強化トレーニング

営業・販売プロセスを見直し、ベストな方法を徹底トレーニングすることで、売上向上を実現します

このページでは、

どうやると売上向上につながるのか

具体的には、どのように進めていくのか

をご説明いたします。

もっと売上を上げたいとは思いませんか?

もちろん、売上を上げたいと思いますよね。

ただ、そうはいっても思うようにコントロールできないのが、売上です。

特別な努力をしなくても好調な数字を上げられるときもあれば、必死に努力しているのになかなか数字が上がらないときもあります。

景気にも左右されますし、ライバルの動向にも影響されますし、コロナ禍のような特別なことが起こると、それもまた大きな影響を及ぼしますよね。

経営者はなかなか安心できません。たいていの経営者は、多かれ少なかれ、売上のことで頭を悩ませているようです。

劇的向上はお約束できませんが…

私たちコンサルタントも、「売上を安定させたい」「もっと数字を上げたい」というご相談を受けます。

そんなとき、「これをやれば絶対に数字が上がります!」と自信を持って、保証できればいいのですが、残念ながら、そんなマジックはありません。

ただ、これまでサポートさせていただいてきた企業では、多少なりとも数字を向上させることに成功しています。

もっとも、残念ながら、依頼を受けたその日から、売上が向上するということはありません。最悪の場合は、あれこれ試行錯誤しているうちに数ヶ月が過ぎ去ってしまうということもあります。

でも、あきらめずに取り組みを続けていれば、多少なりとも数字を向上させられるのではないかと信じています。

というのは、現在の営業や販売のプロセスが完璧だという会社はほとんどなく、どこかに改善できる余地が残されているからです。そして、その改善できる余地を地道に一つずつ改善していけば、劇的な向上とはいかないものの、少しずつ、確実に売上は向上していくものです。

改善できるポイントを探すと、社員がやる気になる

なぜ、少しずつとはいえ、売上が向上していくと思いますか?

その理由の一つは、社員のやる気が向上することです。

社員がやる気になり、成果を上げようという意識が高まります。

やると決めたことをきちんとやりきろう、という意識が高まります。

そうなれば、売上がどう変化していくかは想像できますよね?

そうです。確実に向上していくのです。

なぜ、社員がやる気になるのか?

では、なぜ、社員がやる気になるのでしょうか?

それは、売上向上のために創意工夫することで、仕事に対して積極的に取り組むようになるからです。あるいは、やらされている仕事=作業から、自分がやりたいこと、実現したいことに変わっていくからです。

どうしてそのような変化が起こるのでしょうか?

それは、社員の意見を聞きながら、改善を進めていくからです。

どんな人間でも、自分が役に立っていると思えると、意欲が向上します。

自分が力を発揮することが、成果につながっていると思えると、もっともっとがんばろうという気持ちになっていきます。

営業・販売プロセスの改善を社員とともに実行していけば、少し時間はかかるかもしれませんが、必ず営業・販売スタッフのやる気向上につながり、営業力・販売力が強化されていくのです。

営業力・販売力強化トレーニングの進め方

では、どうやって営業・販売プロセスを改善していくのかをお話しします。

Step1:営業・販売プロセスを徹底的にチェックする

営業・販売プロセスを見直すチームを作る

最初に、営業・販売プロセスを見直すメンバーを選出します。部門のメンバー全員でも構いませんが、多すぎると収拾がつかなくなりますので、選抜メンバーで取り組みます。

メンバーを選抜するときは、「もっと成果を出したい」「もっと売上を上げたい」「もっと改善したい」「もっと成長したい」というような、前向きで、積極的なメンバーを選ぶと良いでしょう。ただし、似たようなタイプばかり集めても多様な意見が出てこないので、いろいろな個性のメンバーを集めるといいと思います。

営業・販売プロセスを見直すミーティングを行う

チームのメンバーを集めて、営業・販売プロセスを見直すためのミーティングを行います。参加メンバーから改善方法のアイデアを募り、実際に改善し、結果を確認します。その結果をもとに、さらに改善をし、ベストな方法を探っていきます。

1サイクルは、

改善策を考える → 改善策を実行 → 結果を確認して修正 → 再度実行

になりますが、これを何度回せばいいかは、やってみないと分かりません。

なぜなら、改善すべきポイントがどの程度あるか、改善する難易度がどの程度か、結果が出るかどうかなど、不確定要素がたくさんあるからです。

実施に当たっては、経過を報告・確認しながら、進めて参ります。

Step2:ベストな方法を全社員に徹底トレーニングする

ひとまずベストな方法が見つかったら、次は、それを全社員に徹底トレーニングします。

実行するのが簡単で、慣れればすぐにできるようになるような場合は、それぞれの部署で、リーダーから各メンバーへと伝え、徹底していきます。

実行するのが難しく、きちんとした説明が必要な場合や、徹底的にトレーニングする必要がある場合は、そのための説明会やトレーニングを実施します。どのように実施するかについては、ベストな方法が見つかった段階で、ご相談いたします。

Step3:日々の結果を確認しながら修正を繰り返す

一度、ある程度の形ができたら、あとは、ひたすら実践あるのみ!

もちろん、ただやりっ放しではなく、結果を確認しながら、修正すべき点があれば、常に修正をし続けます。

そのことによって、日々営業・販売プロセスが改善され、より結果が出る活動になっていきます。

この段階をある程度継続しておけば、改善するための活動が定着し、企業の文化として根付いていくと思います。

ただし、油断すると元に戻ってしまうので、常にやり続けるという覚悟が必要になります。

業績向上を実現するためのレポートを無料配布中!

業績向上を、最短最速で実現させるための方法をまとめました。

できるだけ早く成果を出すためには、既存資産を上手に活用する戦略が必要です。

その一つが、営業・販売プロセスを顧客目線で見直して、少しずつレベルアップしていくことです。

売上は、ちょっとした行動の違いで、大きな結果の違いになります。

販売スタッフのモチベーション一つで、売上は大きく変わります。

どうすれば効率的に、かつ、なるべく早く成果が出せるのか?

それを約40ページのPDFレポートにまとめました。

今すぐダウンロードできます。ぜひ、あなたの会社の業績改善にお役立て下さい。