せっかく研修に行かせたのに!研修費用をムダにしないための3つの作戦(その1:サンドイッチ作戦)

研修いろいろ。効果もいろいろ。

みなさんは、「社員研修」は、効果的だと思いますか?

それとも、無駄だと思いますか?

なるほど・・・

正解です!

皆さんがどんな答えを出したかを知らないのに正解も何もなさそうですが、「効果的」と答えた方はそれが正解、「無駄だ」と答えた方はそれが正解です。

なんだそれ!?

という感じですが、仕方がないのです。

だって、本当に効果的なものもあれば、無駄なものもあり、玉石混淆だからです。

たとえば、シンコムパートナーズという会社の、小野瀬さんという方の研修はとても素晴らしいです!
(ちょっといわせてやってください)

でも、世の中には、そういうものばかりではないのです!

研修とはさみは使いよう

それから、どんなに素晴らしい研修であっても、それをどう活かすかによって、その研修が生きてくるかどうかが決まります。

つまり、研修の効果というのは、研修内容だけではなく、それをどうやって活かすかということにも関わっているのです。

今回は、研修を活かすための具体的なアイデアを3つご紹介します。

一つめは、サンドイッチ作戦です。

研修を間に挟むサンドイッチ作戦

サンドイッチは、パンの間にハムとか卵とか野菜とかが挟まっていて、ゲームをしながらでも片手で食べられるものです。

現在は、ゲームがしたいからとか、仕事をしながら食べたいからとか、そういうことだけではなく、味がおいしいから食べるという人も多いですよね。

私は何が好きかというと・・・

すみません。そんなことはどうでもいいので、本題に戻ります…

この作戦は、研修を真ん中に挟んで、事前準備と事後フォローをするという画期的なものです。

何が画期的なんだ?

そう思われたあなた!

確かに画期的というのは大げさですが、これをやるかやらないかで、効果は半減したり倍増したりしてしまうんですよ!

この作戦はシンプルですが、とても効果的ですし、いろいろな用途に使えます。

ここでは一例をご紹介しましょう。

意欲を引き出すサンドイッチ作戦

研修の効果を最大にするためには、受講者が「受講して良かった!」と心から思うことです。

そのためには、研修内容が心に響くことが必要になりますが、研修前と研修後をうまくやることによって、その効果を飛躍的に高めることができるのです。

まずは、事前に受講予定者に上司からメッセージを送ります。

どんなメッセージかというと、

  • あなたにはとても期待しています
  • 期待しているので○○の研修を受けてもらいます
  • この研修を受講した人は皆受講して良かったといっています
  • そして研修後はその研修で学んだことを活かして大活躍しています
  • あなたにも期待しているのでしっかり受講してください

こんな感じのメッセージです。

研修前に研修に対する意欲を高めておく

ポイントは2つ

  • 受講者への期待を伝える
  • 研修が効果的なものであることを刷り込む

こうすることで、受講者自身が研修に対して意欲的になり、ポジティブに、前向きに取り組もうという気になります。

結局は、研修に向けて、前向きな気持ちを植え付けるということがポイントです。

まだ、当たり前だと思いますか?

でもですね、実際研修をやっていると、結構いるんですよ。本当に嫌々参加している人が。

もちろん、そういう人も引き込んでいくのが講師の腕の見せ所ですが、そうはいっても、最初から意欲的な参加者ばかりの方が、よりスムーズに進められることは間違いないのです。

でも、現実的には、嫌々参加している感があふれている人が2割、意欲的な人が2割、残りの6割は「まあ、いわれたから来ました…」みたいな感じでしょうかね。

なので、最初は、どうしても嫌々の2割と、とりあえず来たという6割を、前向きに、積極的にするようがんばるわけです。

まあ、それはそれとして、研修費用に対する効果を最大限に高めたいのなら、事前に参加者の意欲を高める工夫をしておくことをオススメします。

研修後はしっかりとフォローする

研修後も、放っておいてはいけません。

まずは、感想を聞きましょう。

どんな研修だったのかを報告させ、受講した感想、学んだことなどを聞きましょう。

ここで重要なのは、受講者が何を学んできたかをチェックすることではありません。

重要なのは、受講者に「上司が自分が受けた研修に興味を持っている」と印象づけることです。

ですから、報告内容がダメでもあまり責めないでください。どちらかといえば、よく頑張ってきたと褒めてあげてください。

そうすれば、さらに意欲的になりますから。

それと同時に、研修で学んだことを、何でもいいので、実践させるようにしてください。

研修で何を学んだかを聞くときに、どのように役立てようと思ったかも一緒に聞くのです。

そして、それをしっかりと実践するよう伝える。

そして、その後の様子を見守る。

これだけです!

でも、これだけでも全然違いますよ!

研修費用をムダにしないための「サンドイッチ作戦}とは

  • 研修前に、研修への意欲を高める
  • 研修を受講させる
  • 研修後にしっかりとフォローする

外部に研修を依頼する場合には、研修前後をどうするかも、あらかじめ相談しておくとよいですね。

ぜひ、やってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)