経営改革を始めるときは、全員参加型にしてはいけない

経営改革を進めるためには、最終的には全員参加にならないと意味がありません。
ただそれは、最終的には、ということであって、最初から全員参加を目指してしまうと失敗してしまうかもしれません。