「きついことやるなら楽しく」~吉田沙保里さんの言葉

今の若手選手は静か

レスリング界のレジェンド、吉田沙保里さんのインタビュー記事を見ました。

10月5日が、39歳の誕生日だということで、現在の状況、今後のことなどをインタビューしたということです。

その中に、今の現役世代は自分たちに比べて静かだという話がありました。

吉田さんのときは、浜口京子選手もいて、練習中にもいろいろと声を出して、盛り上がっていたそうです。

でも、今の現役世代は、あまり声が出ていない。自分たちの頃と比べると、3割ぐらいだというのです。

でも、それがそんなに重要なの?

そんな疑問もわいてきますよね。

きっとインタビュアーも同じことを考えたのでしょう、こんな質問を投げかけたのです。

「強ければ静かでもいい気もしますが・・・」

そりゃそうですよね。

声の大きさを競っているわけではないので、レスリングでしっかり戦えれば、強ければ、声は小さくても良いのではないか。

そう思うのも当然です。

静かなことの問題、楽しくやることの意味とは?

それに対する吉田さんの返事がこれ。

返答の趣旨をまとめると、

  • 強いときは別にいい。
  • でも、調子が悪くなったときには、元気を出していかないと戻らない。
  • きついことをやるのなら楽しくやらないとダメ。

こういうことでした。

私もそう思うのです。

何でもそうです。

調子がいいとき、うまくいっているときは、それほど気を遣わなくてもいいのです。

うまくいっているとき・・・

つまり、

売上が上がっているとき、

利益が出ているとき、

試合に勝っているとき、

そういうときは、様々な雑音を、そのうまくいっていることが消してくれるのです。

でも、ちょっとでも歯車が狂いだして、うまくいかなくなってきたとき。

それを修正するのは、自然に任せているだけではダメですよね。

逆境の時は、歯を食いしばって、力を合わせる必要がある

スポーツも、会社も、家族も、どんな集団であっても、うまくいっていないときに、それを戻すためには、かなりがんばらなければいけません。

それも、誰か一人ががんばっただけでは、元に戻らないことも多いのです。

みんなが協力して、元に戻す。

壁を打破する。

そのときには、淡々と、黙々とやっているだけではダメで、それこそ

「気合いだぁ、気合いだぁ、気合いだぁ」と、
(これは浜口パパですが)

歯を食いしばって、がんばっていかなければならないのです。

そういう苦しさを紛らわせるのが、楽しく、元気よくやるっていうことなんです。

だから、楽しい会社をつくろう!

楽しくやるということは、

自分の最高の状態をつくるのと同時に、
逆境を乗り越える力にもなるということです。

ですから、私は、

楽しい会社をつくろう!

と、アピールし続けているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)