売上向上・利益率向上

売上向上・利益率向上のための3つのステップ

売上向上や利益率向上を実現するためには、次の3つのステップが必要です。

  • 現状調査(顧客リサーチ・競合リサーチ)で問題の原因を探る
  • ワークショップで解決策を探る
  • 実践トレーニングで実行力を高める

会社の状況や何を目指すのかによって、それぞれのステップの重要度は変わります。

ただ、どんな状況でも、どんな会社でも、この3つのステップで進めて行くことは変わりありません。

  • もっと手っ取り早い方法はないのか?
  • すぐに実行に取りかかれないのか?
  • 面倒くさいことはやらなくていい!

いろいろな意見があると思いますが、この3つのステップを、順番に進めて行くことが、売上向上・利益率向上のためには、とても重要なことなのです。

1.現状調査(顧客リサーチ・競合リサーチ)で問題の原因を探る

売上向上、利益率向上を目指すためには、まず、売上が低迷している、あるいは、利益率が低いことの原因は何かを突き止めなければいけません。

  • 売上が下がっている
  • 利益率が下がっている

その事実を見ただけでは、どこに、どんな手を打てば良いのかが、はっきりしないからです。

  • 何が問題なのか?
  • どこに課題があるのか?
  • その原因は何か?

問題がどこにあって、その原因が何かを特定しないと、問題は解決できないのです。

ですので、ちょっとまどろっこしいと思われるかもしれませんが、まずは、現状の調査を行い、問題のありかを探ります。

2.ワークショップで解決策を探る

問題がどこにあるか、その原因は何かを特定できたら、それを解決するためのアイデアを検討します。

そのとき重要なことは、実際に行動する人たち自身が、その検討を行うということです。

そうすることで、計画を実行する意欲が高まり、結果として、きちんと実行されることになります。

その検討を行うためのミーティングを「ワークショップ」といっています。

ここでいう「ワークショップ」は、参加型のミーティングです。

参加メンバーが意見を出し合い、新たなアイデアを検討したり、問題の解決策を検討したり、具体的な計画を決めたりします。

ワークショップをうまくやることによって、メンバーたちのモチベーションが高まり、売上向上・利益率向上の成果が出やすくなります。

3.実践トレーニングで実行力を高める

ワークショップで解決策を考えたら、次は、全社員でその解決策を実行していきます。

そのためには、新たな知識やスキルが必要になることがあります。

現場で実際に正しく行動していくためには、事前にしっかりと練習しておく必要がある場合もあります。

そのような情報共有、スキルアップのトレーニングを行うのが、実践トレーニングです。

実践トレーニングは、実際に新たな解決策を実行し始めたあとも続きます。

どんなことでも、実際にやってみると、想定していなかった問題や課題が見つかりますよね。

そのような、実際やってみて分かった問題・課題への対処や、当初考えていたプランを修正したり、見直したりする必要もあります。

実行力を高めていくためには、実践トレーニング(ミーティング)は、継続的に実施することが重要です。

【同じテーマの記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)